男性と女性の薄毛の違いについて

薄毛の病気

男性と女性の薄毛の違いについて

男性女性に関係なく年齢を重ねると出てくるものが髪の毛に関する悩みなんですよね。
髪の毛が薄くなってしまっているというような悩みは男性だけでなく女性にも起こりうるものなんです。
男性の方に起こりやすいというイメージがあるかもしれませんが、女性にも起こるものですし女性に起こりやすい薄毛の症状の種類もあるぐらいです。

そんな薄毛の症状に関してなんですが、実は男性に起こる薄毛と女性に起こる薄毛は全く同じものではありません。
男性と女性の薄毛の症状には違いがあるんです。
そんな男性と女性の薄毛の違いについて紹介していきます。

男性の方が女性に比べて遺伝的要素は強いものと考えられています。
男性に起こる薄毛の症状の場合には、毛根部にある細胞が男性ホルモンに弱いんですね。
また薄毛の症状が出る部位も違ってきます。
男性の場合は特に頭頂部や額、生え際など部分的に特に薄くなっていきます。
そして頭皮が完全に見えるような状態になってしまうということが特徴的なんですね。

それに比べると女性の薄毛の症状の場合には遺伝的要因もあげられますが、ほかにパーマやヘアカラーなどのヘアケアによるものや過度なダイエット、過度にストレスを受けること、生活習慣などといったことが原因として髪の毛が全体的に薄くなっていってしまいます。
髪の毛自体が細くなっていくので全体的に薄くなるんですね。
頭頂部を中心として地肌が透けるぐらいになっていきます。
部分的に起こるのではなく広範囲で均一に起こるということが特徴的です。

男性、女性、同じ薄毛は薄毛なのですが、その症状の内容や原因が違ってくるのです。
また男性の薄毛の症状として起こる症状を一般的に男性型脱毛症、女性の薄毛の症状として起こるものを女性男性型脱毛症と呼ばれています。
女性男性型脱毛症は別名でびまん性脱毛症とも呼ばれているんですね。

また男性の方は髪の毛がなくなって地肌が見えてきたりしますが、女性の場合は髪の毛がなくなることはありません。